急な出費で困った時に頼れるカードローン

お金に関する悩みは人それぞれですが、特に困るのが急な出費ではないでしょうか。次の給料までまだ日数が残っている場合、どのように対応すれば良いかなかなか思いつきません。そこで頼りになるのがカードローンです。カードローン会社によっては即日融資OKなところもあり、すぐにお金を用意することができます。大手のローン会社ならば、全国各地に無人契約機があるので人目を気にせず申し込めます。

審査の緩いカードローン業者と審査の厳しいカードローン業者の違い

消費者金融系カードローンは審査が緩めです

消費者金融系のカードローンは審査が比較的緩めといわれています。ただし、このようなカードローン業者は利用限度額が低めであり、更に返済金利が高めに設定されているので注意が必要です。

銀行系カードローンは審査が厳しめです

銀行系カードローンは、消費者金融系カードローンと比較すると深くて広い情報を審査します。多角的に債務者の情報を審査するため、厳しめとなっています。これは銀行系カードローン利用者の自己破産の件数増加が影響していて、融資する側がより慎重になっているためです。

カードローンの魅力

カードローンの魅力といえば、急な出費でも対応できることです。コンビニエンスストアなどのATMに対応しているため、24時間いつでもお金を引き出すことができます。また、カードローンによっては主婦でも審査が通ることがあります。比較的手軽に融資が受けられるカードローンの魅力ですが、返済には利子がつくため計画的に利用することをおすすめします。

カードローンの申込み手順

カードと電卓

まずは申込み手続きから

カードローンを申し込むためにはいくつかの方法があります。まずは電話で申し込む方法ですが、一般的にフリーダイヤルから無料で申し込みできます。無人の自動契約機からも申し込み可能であり、タッチパネル画面に従って操作するだけなので比較的簡単です。またカードローン会社によっては、店頭申し込みを受け付けているところがあります。

会社からの審査を受けます

融資の申し込み手続きが終わると、申込内容と個人信用情報を照らし合わせる審査が行われます。審査にはカードローン会社の審査部で行う審査と、保証会社が行う審査があります。また、審査では在籍確認も行われます。専業主婦であれば自宅や携帯電話に連絡が入ります。因みに在籍確認では、カードローン会社名を名乗ることはまずありません。

審査が通れば契約と借入となります

無事に審査が通れば、契約と借入に進みます。身分証明書や収入証明書は契約の段階で提出します。また契約方法にはいくつか種類があり、ネット契約や店頭契約、自動契約機契約などがあります。自動契約機の場合、夜遅くまで開いていることが多いです。無事に契約が済めばATMから借入することができます。

即日融資可能なカードローンを利用する際には利息を比較しよう

女性

カードローンを利用する際の注意点

カードローンを借りるときに気をつけなければならないことは、安易に借りて返済を困難にさせないことです。特に消費者金融系のカードローンは返済金利が高いため、より注意しなければなりません。返済に困らないようにするためには、金利の利率を正確に把握しておくと良いでしょう。借り入れる前に予め最終的な返済総額を計算しておくと、返済計画を立てやすいです。またカードローンを利用するときには、身分証明書など必要な書類があります。書類に不備があると借り入れができないため、事前に借入先に確認することをおすすめします。